VILKOMEND TU RUGHZENHAIDE

――――ルゼンハイドの意志を護る、盾と剣となれ。

 ふと、祖父がよく口にしていた言葉が脳裏を横切り、白昼夢から目を覚ます。

 ルゼンハイドは謝罪をした。
 しかし、祖父が駆り出された任務の内容や、死亡の原因に関する情報は一切提供してくれなかった。
 私、リトナ・ラインヴァスタは状況をよく把握できないまま、14にして天涯孤独になった。 

 崩れていった。
 愛国心や伝統や仕来り――教わってきた価値観が、全て薄っぺらく感じるようになった。
 ラインヴァスタ家は、代々ルゼンハイド王家のガーディアンとして仕えてきた。
 遠い昔、隣国のヴァストアルカとルゼンハイドがアライアンス協定を結んだときの話だ。
 友好の証として、ヴァストアルカの名家であるラインヴァスタ家がルゼンハイドの王族付きガーディアンとして任命された。
 王とガーディアンの絆は、ルゼンハイドとヴァストアルカの絆。
 そう教わった。
 その絆はいまのいままで続いてきた。

 時間だけが過ぎていった。
 二人でも十分広かった家がさらに広く感じるようになった。
 最初あった胸を抉られたような痛みも、いまはもうなくなり、気怠さだけが残った。
 友人のフローラが頻繁に訪れるようになった。
 腫れ物を見るような目で身の回りの世話をしてくれるようになった。

 ルゼンハイド城で暮らさないか、と国王から誘いがあった。
 断った。
 一人でいたくないのに、一人でいたい。

 もうすぐセルフィーネ姫が10歳の誕生日を迎える。
 誕生を祝う式では、次期王となる意志をアライアンスに示す継承披露宴が行われる。
 その式は次期ガーディアンの任命式でもあり、元の予定では私が彼女のガーディアンとなるはずだ。
 元の予定では、私が継ぐはずだ。
 それが伝統。
 それが仕来り。
 
 全てが焼ける夢を見た。
 ルゼンハイドも。
 アライアンスも。
 全て。
 全て、焼け崩れて、
 残った灰に唾を吐きつけ、
 踏み躙って、
 跡形もなく蹴散らしてやったら、
 
――少しは気が晴れるのだろうか?

 なんて、
 下らないことをよく思うようになった。

  • リトナ
  • セルフィーネ
  • フローラ
  • ミィシャ
  • リッグズ
  • アディア

リトナ・ラインヴァスタ

Ritona Reighnvhasta


代々ルゼンハイド王家のガーディアンを6世代に渡り務めてきた家系の末裔。両親は物心がつく前に流行り病で他界してしまったため、祖父に引き取られた。次期王となるセルフィーネ姫のガーディアンを務めるよう育てられたため、口調や嗜好が年齢にしてはじじくさい。

10歳にして「テラ」系統の試験をクリアし、アライアンス最年少でクラフターズランク「シングル」の称号を会得。クラフターとしての才能は10年に1人の逸材と呼ばれており、国中から注目を浴びた。祖父が殉職すると同時に素行が荒ぶるようになり、いまでは悪い意味で注目を集めている。

セルフィーネ・ルゼンハイド

Selphine Rughzenhaide


ルゼンハイド9世代目の次期王。元気溌剌な素行とは裏腹になかなか人に懐かない面も。流行り病で母親を亡くしており、似たような状況に置かれている幼馴染のリトナには非常によく懐いている。パスダウン儀式の影響か、集中力が持続せず、1日16時間以上寝ているときもあり、よくものを失くすのが最近の悩み。

つまみ食いをよくする癖があり、特に好物のザクロに目がない。厨房長のミリの目を盗んでつまみ食いを試みているが、ミリもそれを阻止しようと厨房では熱い闘いが繰り広げられている。

フローラ・セレンハイド

Flora Serenhaide


ルゼンハイドの枢密院を司るセレンハイド家の次女。聡明であり場の空気を読むのが非常に上手で、グループ等では自発的にリーダーやムードメーカーとして動く。とある事件をきっかけに多大な精神的障害を被ってしまった姉がおり、日頃彼女の世話をしているためか、世話焼きが板についてしまった。

優しい性格をしている反面、非常に負けず嫌いで決して人前で弱さを見せることがない。クロックス高等教育機関での平均成績は常に機関トップであるに関わらず、常に自分に素直であるアディアの人柄や、人並み以下の努力で様々なクラフトをこなしていくリトナの鬼才にコンプレックスを抱いている。なにか1つ特化した能力が欲しいことに自分でも気づいている。

ミィシャ・ルグルス

Miishah Rugulus


Coming Soon...

リッグズ・ボウエン

Riggs Bauen


Coming Soon...

アディア・ヴィルマーク

Adia Vilmharke


Coming Soon...

  • リトナの家
  • リトナの家 - ダイニング
  • 城下町 - 広場
  • 水路
  • 儀式の間
  • クロックス - 練習広場

リトナの家


ルゼンハイドには春、夏、秋、冬の四季があり、それぞれの季節で装いの変化を楽しむことができます。

リトナの家 - ダイニング


リトナの家のダイニングには、彼女が作った硝子細工が所狭しと並べられています。

城下町 - 広場


お昼まで開催される城下町広場の露店。食材を求めて多くの人で賑わいます。

水路


ルゼンハイドの交通の要は水路。 国中に張り巡らされた水路で様々な場所を移動することができます。

儀式の間


歴代のパスダウンの儀式が行われている儀式の間。セルフィーネもここで儀式を受けています。

クロックス - 練習広場


リトナ達の通うバトルクラフター養成機関のクロックスCLOQKSの練習広場。訓練はここで行われます。

ダウンロード販売 Steam(日本語版・英語版同時リリース)
DLsite(日本語のみ)
パッケージ販売
(日本限定)
イベント販売
同人通販委託予定
リリース予定 2017年(日本語版)

体験版ダウンロード(Japanese version)

Windows, Mac, Linux対応

※この体験版はまだ開発中のものであり、製品版と異なる仕様 や演出があります。
※不具合などがあった場合は、公式ツイッターもしくは コンタクトフォームよりご連絡ください。


前作情報

fault シリーズについてはこちら

© ALICE IN DISSONANCE