マクナ=グラムラとフェアリー・ベル

”エンレス・ランド”―そこは、子ども達だけの幸せの場所

ABOUT

本作はfaultシリーズ世界で登場する童話『フェアリー・ベル』のビジュアルノベルです。
立ち絵を使わず、ストーリーに合わせた150点もの描き下ろしイラストを使用しました。
3Dカメラを駆使した多彩なカメラワークと切なくも優しいBGMで彩られた演出をご覧ください。

本作はスピンオフ作品のため、fault本編のキャラクターやあらすじの知識不要でお楽しみ頂けます。
また、本編ネタバレも含みませんので本編未プレイの方にもオススメです。

Release Date: 2018.2.20.

パッケージ販売

本作はパッケージ販売はございません。

fault本編作中内での『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』

『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』はアリスン・リーヴェ著の児童童話。
数百年も前、アライアンスがまだ設立されていない頃に書かれた古典文学の一つです。
fault – SILENCE THE PEDANT において初登場。

STORY

マルベル孤児院で暮らす少女「マクナ」とその友達「セビア」。
いじわるな孤児院院長ティグラ・アンのもとでの生活はつらく、さびしいものがありました。
それでも二人は二人なりの楽しみを見つけては、日々をささやかに過ごしていました。

しかし、孤児院には子ども達にとって逃れられない決まりがありました。
それは「10才になっても里親が見つからないと、動物に変えられて売られてしまう」こと。

もうすぐで10才になる二人でしたが、ある日セビアはこう言うのでした。
「ねえ聞いてよ、マクナ! 昨日フェアリー・ベルが来てくれたんだ!」
それは、つらい境遇にある子ども達を永遠の幸せの地”エンレス・ランド”へ誘うフェアリー・ベルのことでした。

その日、セビアはこうも言うのでした。
いいかい、マクナ? ぼくの言うことを聞いておくれ。
辛くなったら、星空に願いをこめるんだ。
フェアリー・ベルが助けに来てくれるって、心の底から信じるんだ。
そうしたら、彼女は君のところにも来てくれるよ。

マクナもまた、このままだと動物に変えられ売られてしまうという運命から逃れられない身。
涙ながらに彼女がフェアリー・ベルに心から救いを求めると奇跡は訪れました。

待たせてごめんなさい、マクナ。助けにきたよ。
わたしは、フェアリー・ベル。
エンレス・ランドの大きな大きな水晶を通して、あなたのことをずっと見ていたわ。

「フェアリー・ベル…あなた、本当にいたのね」

そしてフェアリー・ベルに誘われ、永久の幸せが約束された場所エンレス・ランドへと足を踏み入れます。
「永遠にオトナにならないこと」を条件に―――

CHARACTERS

マクナ

マルベル孤児院で暮らす女の子。友達のセビアとはとても仲が良い。

セビアルノ

セビアと呼ばれている男の子。絵を描くことが好きでいつも木炭を持っている。

コトン

エンレス・ランドでマクナが出会った美少女。アーティストとして類まれな才能を持っている。

メイズ

泣き虫でおくびょうな男の子。ポケットにたくさんの飴玉を入れて持ち歩いている。

SCREENSHOTS

STAFF

SPEC

ジャンル

ビジュアルノベル

対象

全年齢

対応言語

日本語 / 英語

対応OS

Windows / Mac /Linux

動作環境

CPU: Intel Core i5 2500
メモリ: 8GB
HDD: 2GB

プレイ時間

約1.5時間

配信プラットフォーム

Steam / DLsite

価格

500円