fault -milestone one-のバックログ機能について。

fault -milestone one-のバックログ機能について。

 皆さんこんばんは。Munisixです。

 以前よりバックログ機能について何度かメールを頂いているので、今日はそのことについて軽く説明をさせて頂きます。
faultRen’PyというPython基盤のゲームエンジンを使用しています。
 そのままでも色々とカスタマイズ出来、オープンソースであり、その上クロスプラットフォームという、自由度の高い優秀なエンジンなのですが、デフォルトで搭載しているバックログ機能が『ロールバック』形式と呼ばれる、日本で馴染みのあるスクロール型のバックログ形式と少し異なります。
 ロールバック形式とは昔のVHSの巻き戻しみたいなもので、流れた文章を読み返すためのログが表示されるのではなく、シーン(音楽、立ち絵、背景、etc )そのものを巻き戻す仕様のもの。
 現時点では、従来のバックログに変える方法が難しいみたいなので、faultではRen’pyのディフォを使っています。

 今回milestone oneを組んでみて色々と学びました。
 場合によっては、将来エンジンを変更する可能性もありますが、それまではRenpyでのfaultをお楽しみ頂ければ幸いです。

0 Comments

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.