第1回 ルゼンハイドの挨拶

第1回 ルゼンハイドの挨拶

第1回 ルゼンハイドの挨拶 - ビルセリオ

ちょこっと解説

ルゼンハイドでは挨拶として使用されている「ビルセリオ」。
ビルセリオは非常に古い言葉であるため、その語源ははっきりとしていません。

ルゼンハイドの発音では「ビルセリオ」ですが、リトナのご先祖様の故郷であるヴァストアルカでは「ヴィルセリオ」と発音されています。
また、世代や地域によっても発音が異なることもあります。
※ヴァストアルカはルゼンハイドに隣接している同盟国です。

フォーマルの言い方では、「イスタ」は日本語ではいわゆる「です」「ます」にあたり、「イスタリアーナ」は「ございます」のようなものです。
サンアリズタ語の場合、敬語は文頭にくるためどちらも文頭に「イスタ」「イスタリアーナ」がきます。

バックナンバーはこちらから。
World of fault バックナンバー